コンセプト

治療コンセプト

  • 口腔内の悪化は全身に影響を与える

    日本人の平均寿命は、年々伸び続け、いまや世界的に見ても高水準です。そこで最近では単純に寿命だけを見るのではなく、「健康寿命」という考えが重視されています。医療・介護へ日常的・継続的に依存せず、問題なく日常生活を送れるかどうかを見る指標です。 歯科分野は健康寿命を伸ばしていく一つの鍵です。口腔内が不健康な状態だと、全身に様々な悪影響を及ぼすことが明らかになってきました。たとえば歯周病や噛み合わせの悪化(不正咬合)は、糖尿病や循環器疾患、自律神経失調症といった不定愁訴などのリスクを高めると言われています。つまり、口腔内の専門家である歯科医師が、患者様のサポートを行うことで、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上に繋げることができます。

  • 全身に広がる歯周病菌

    日本の成人の約8割が罹患していると呼ばれる歯周病。初期段階では、痛みや違和感がほとんどありません。そのため症状に気付いたときには抜歯をしなければならないほど進行しているケースも見られます。このような特徴から「沈黙の病気」(サイレント・ディジーズ)と呼ばれています。 歯周病の影響は口腔内に留まりません。歯周病は血糖値を下げにくくすることから糖尿病を悪化させ、逆に糖尿病が歯周病の進行を促進させるなど双方向に悪影響を与えることが明らかになっています。ほかにも、歯肉には様々な血管が通っているので、歯周病菌は全身に蔓延する恐れがあります。これによって引き起こされると言われるのが心筋梗塞、アルツハイマー、早産や低体重児出産、免疫機能の低下などです。またシニアの方にとっては、飲食物が間違って気道に入ってしまうことで、口腔内の細菌が肺に達する「誤嚥性肺炎」の危険性が指摘されています。

  • 噛むことと全身の健康

    歯を失うと、快適に物を噛むことは難しくなります。「柔らかい食べ物ばかり摂取する」「咀嚼回数が少なくなる」などが続くと、運動能力が低下し、血液の循環も悪化。すると、脳の刺激が減少してしまうので認知症のリスクが高まると言われています。しっかり噛むことが出来ない義歯(入れ歯)を使っている方も要注意です。 また噛み合わせに問題があると、姿勢が悪くなり猫背などの原因となります。顎がずれてくると、それを調整しようと背骨などが歪み、その状態で固定化してしまうからです。またしっかりと口を閉じられなくなり、舌を正しい位置に置けなくなることから、口呼吸の大きな原因ともなります。唾液の分泌量が減少し、免疫力の低下に繋がるほか、顎の痛み、頭痛、腰痛、肩こり、眩暈、眼精疲労、不定愁訴などを引き起こすと言われています。

  • 健康な生活を維持するためのサポート

    歯周病の原因となる歯石やバイオフィルムは歯磨きでは落とすことは出来ません。そのため、当院では、プロの手による歯のクリーニング「PMTC」を実施しています。歯周ポケットの深さを測り、スケーリングやルートプレーニングなどで口腔内を徹底的に清掃し、細菌数を減少させます。これがプラークコントロールです。 歯は一度削ったり、抜いたりすると元には戻りません。だからこそ、メインテナンスなどの予防に力を入れることが大切です。3か月から6か月に一回、定期的に健診を受けていただくことで、歯周病のリスクを最小限に減らせます。疾患があれば早期に発見することも出来るでしょう。ほかにも、当院では咀嚼機能を改善していくために、インプラントや矯正治療、食事指導など幅広いニーズに対応し、患者さんの健康を歯科分野からサポートしていきます。

4つのお約束

  • 01

    地域密着型の医療サービスの提供

    地域のお子様から高齢者の皆様の歯の健康管理を行うという使命感のもとに、歯科医療を考えていきます。

  • 02

    先進医療技術・医療機器の導入

    先進医療の一つにインプラント治療、アタッチメント義歯、ホワイトニングがあります。また、医療機器にレーザー機器での医療応用があり、人にやさしい歯科治療を実現いたしております。

    治療にあたりまして、レーザー機器の使用、PMTC処置を各患者さんにご提供いたしております。そして、診療計画書を作成いたしまして、安心できる治療を進めております。

  • 03

    滅菌・消毒による医療機器の管理

    患者さんに使用する器具や衛生用品を可能な限り、滅菌・消毒いたしております。こうしたことにより、院内感染に対し万全な対処をし、安心して歯科治療を受診することができると考えております。

  • 04

    院内の環境整備

    院内の空調設備に医療用のエアーコンディショナーを設置し、空気感染予防にも対処いたしております。

ページトップへ