一般歯科

歯のケアと予防歯科

虫歯を予防するには、自分自身でのケアをしっかりと習慣化することが大事です。歯磨き、プラーク・コントロールをしっかりやり、歯医者さんに来てきちっと見てもらうという、定期的な管理も重要です。

現在、私たちが食べている物はほとんどが加工食品です。加工食品は歯にくっ付きやすいですから、歯垢・歯石になりやすく、虫歯・歯周病になりやすい食物ばかりです。とはいっても、それでは食べれる物がほとんどなくなってしまいますから、対策をしっかりすることが大切です。

特に対策としては、野菜などの繊維性のものを多く食べるようにし、唾液をいっぱい出すことによって、自浄性を高めることです。また、甘い物でも今流行っているキシリトール入りの物が良いでしょう。やはり自分の身は自分で守るといったところでしょうか。

問診票~メンテナンス

医)よしだ・ファミリー・歯科では、安心・安全な治療を患者様にご提供するために、次の手順で治療を行います。

  1. 01 問診票

    患者さんとのはじめての出会いでありますから、どういう希望をもっているのか、あるいはわたしたちに要求することはどういうことなのか。

    また、どういうスピードで治療を進めていけばいいのか、といった希望を問診票に書いていただきたいと思います。

    問診票ダウンロード

  2. 02 検査

    まずどういう症状でどこが痛いのかなどカウンセリングして治療計画を立てます。ケースによってレントゲン撮影、口腔内診査を行って歯周病の検査をしたいと思います。

    成人の場合は、歯周病の罹患率が非常に高いので、歯周病の検査はルーティンとして行わさせていただいています。

  3. 03 治療

    痛みを止めるのはもちろんですが、その場限りの治療ではなく、虫歯・歯周病をきちんと治療することによりその後の経過の良し悪しが決まります。歯科治療の最も基本であり、かつ重要なステップです。

  4. 04 定期健診

    治療が終了した時点が、新たなはじまりになります。満足して頂いた治療物をこれからも長く使って頂けるように、定期健診を行っていきます。

    定期的にご来院して頂き、悪くならないうちに対処していきたいと思います。

虫歯予防や歯周病予防について

むし歯、歯周病の予防もプロフェッショナル・ケア(歯科医院)とセルフ・ケア(自分自身)がそろってはじめて成り立ちます。
そのためには、年に何回か(個人差があります)の定期健診が大切です。

  • プロフェッショナル・ケア(歯科医院)

    むし歯・歯周病の検査
    レントゲンを撮れば良くわかります
    歯のクリーニング
    ふだん磨きにくい部分(歯と歯の間、深い歯肉溝など)の汚れを取ります
    シーラント処理
    むし歯になりやすい歯の溝を削らずプラスチックで埋めます
    フッ素塗布
    酸に強い歯質にします
  • セルフケア(自分自身)

    歯磨き
    歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなど
    規則正しい生活
    身体によいことは、歯にも歯ぐきにもよいのです
    フッ素入り歯磨剤
    酸に強い歯質にします
    甘味の適正摂取
    むし歯菌は甘い物が大好きです

「ふたつの車輪がそろってはじめて健康なお口を維持できます」

一般歯科の詳細はこちら

ページトップへ