矯正歯科

矯正歯科とは

矯正治療は永久歯になってからでないと出来ないというように思われている方が少なくないのですが、むしろ、子供の時の方が矯正に適しているのです。ですから、一度診させていただければと思います。

子供の時期の方が、将来的に歯を抜いたりすることなく成長にそって歯を動かしていけます。子供の時の歯は、以前はすきっぱということが常識でした。子供の時に歯がきっちりくっついていたら、もう間違い無く大人になった時は歯並びはガタガタになる可能性があるんです。

そういう意味では、早めに一度診せていただければと思います。乳歯の時にすきっぱでなければ歯並びは悪くなる可能性が高いのです。

※当クリニックでは、矯正歯科は専門的な技術を必要としておりますので、大学の矯正科から毎月3度は専門の医師を迎えて治療をすすめています。

矯正中の注意事項

小児矯正でも成人矯正でも、矯正装置が入ると自宅でのセルフクリーニングだけでは、虫歯、歯肉炎、歯周病のリスクが高くなります。そのため、月に1度は矯正とは別に虫歯のチェック、歯のクリーニング、PMTC、フッ素塗布をお勧めします。

歯並びが悪いとどうなるの?

01むし歯や歯ぐきの病気になりやすくなります
歯が重なっていると歯みがきがしにくく、かみ合っていない歯は汚れがたまりやすくなります。
02食べ物がよくかめなくなります
胃や腸にふたんをかけ、全身に影響します。特に成長期のお子さまには影響が大きくなります。
03顔の形がゆがみます
左右が非対称になったり、特に上アゴまたは下アゴが出っぱることがあります。
04発音がしにくくなります
人と話す時に消極的になったりします。特に外国語の発音がうまくいかないことがあります。
05心理面に影響します
口元を気にして消極的になったり、内向的になる傾向があります。
06その他にも
前歯をぶつけやすい、アゴの関節や顔の筋肉を痛めやすい(顎関節症)、さし歯やその他の治療がしにくくなります。

矯正歯科の治療の流れ

  1. 01 初診

    患者さんの実現したい目標をお聞きし、お口の状態を確認し、これからはじめる目標を決めます。コースのことなど、なんでもご相談ください。

  2. 02 矯正治療

    治療の期間というのは治療のケースによって違いますので、治療内容をお話する時点でお話させていただきます。矯正器具は、子供の時期は取り外せる器具を使用いたします。大人の方ですと基本的にマルチ・ブラケットを使用いたします。また、歯の裏側から行う器具もございます。

矯正歯科の症例はこちら

矯正歯科の費用について

相談・検査

相談料 3,000円
検査料 10,000円~30,000円(レントゲンの種類、枚数により異なります)
診断・説明 無料(検査の結果、今後の治療の説明)

治療

一期治療(成長途中で乳歯がある場合) 300,000円(成長のコントロールや永久歯の萌出誘導のための治療)
二期治療 300,000円~400,000円(ワイヤーを使用した歯並びを整える治療)
  • 一期治療では主として成長のコントロールや、永久歯の萌出誘導のための治療で、小児矯正で取り外し式の矯正装置を使用することが多いです。
  • 二期治療は主にワイヤーを使用した、歯並びを整える治療で、成人矯正と一般的に言われているものです。
  • 一期治療から継続する場合は追加料金を頂きます(一期治療で終わるケースもあります)。
上下顎ともに、唇側(表側)に付けた場合 600,000円~
上顎を舌側(裏側)下顎を唇側(表側)に付けた場合 900,000円
上下顎ともに舌側(裏側)に付けた場合  1,200,000円
  • 矯正中は虫歯・歯周病のリスクが高まるので月に一度フッ素、クリーニング、PMTC等をさせて頂きます。
  • 別途保険請求とさせて頂きます。
  • 毎回処置料5,000円がかかります(裏側の装置の場合は7,000円)。
  • 別途消費税を頂きます。お支払い方法につきましては、ご相談ください。

矯正歯科の詳細はこちら

ページトップへ